「暇だ。」友達と遊ぶ約束をしていたのにドタキャンされました。理由は友達の彼氏が急に遊ぼうとに誘われたせいで私との予定をキャンセルしました。彼氏がいる友達が少し羨ましいけど、こんな暇な私と遊んでくれる人はいないかなとネットに投稿しました。すると、予想通り何人かの男性から返事がきました。その中で、「デートしたらお金あげるよ。」と言うメールを送ったパパと会うことにしました。 デートパパは私の父くらいの年齢の人でした。「まさか本当に会ってくれるとは思わなかったよ。」「暇だったし、デートパパが、デートしたらお金くれるって言ったから。あっ、ストレートと過ぎかな。」「いいや。正直者でいいと思うよ。」こうして始まったデートパパのデート。まずはパパが見たかった時計やカバンなど見ました。 作り方 パトロン とても高価そうな物を買っていて驚きました。そのご褒美として私にとってピアスを買ってくれました。可愛いお花のピアスは5万円でした。その後は一緒に食事に行きました。パパはふぐが好きでふぐ鍋を食べました。そんな高級料理を食べれて友達と遊べなかったことが今ではすごくラッキーと思いました。「また、会ってくれるか。君と会うと楽しいよ。」「私も楽しい。ま た会いたい。」こうして約束のお小遣いをもらってパパと解散しました。 数日後、約束をキャンセルされた友達に会いました。パパとの話を友達にするとすごく羨ましいと言われました。その理由はデートが最悪だったみたいです。彼氏と些細なことで喧嘩し、今も連絡は取っていないみたいです。「私もパパ作ろうかな。彼氏なんかより良い存在だよね。」「良い人に出会えればね。」 パトロン募集掲示板
書き込みはまだありません。
222